05 Company

05-1Company Info

会社概要
名称 株式会社内野製作所
所在地

〒192-0001東京都八王子市戸吹町2105番地

TEL:042-696-6210(代表)
FAX:042-696-6218
創業 1927年(昭和2年)9月
資本金 1,000万円
業務内容 精密歯車の試作・開発自動車・二輪車用レースギアの製造
従業員 70名(2017年4月現在)
役員 代表取締役 内野 徳昭/専務取締役 内野 誠一/取締役 内野 良子/監査役(非常勤)内野 功子
主要取引先 株式会社 本田技術研究所、本田技研工業株式会社、株式会社 ホンダ・レーシング、日野自動車株式会社、トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社、株式会社 SUBARU、マツダ株式会社、スズキ株式会社、ヤマハ発動機株式会社、ダイハツ工業株式会社、ジヤトコ株式会社、日本機械工業株式会社、株式会社 豊田中央研究所、愛知機械工業株式会社、株式会社 島津製作所、株式会社 IHI回転機械、株式会社 ショーワ、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、トヨタテクノクラフト株式会社、豊精密工業株式会社、岡谷鋼機株式会社、大丸興業株式会社、日野トレーディング株式会社、株式会社 M-TEC、株式会社 いすゞ中央研究所、武蔵精密工業株式会社、九州武蔵精密株式会社
※敬称略・順不同
取引銀行 商工中金 八王子支店、東京都民銀行 八王子中央支店、みずほ銀行 八王子支店、みずほ信託銀行 八王子支店、多摩信用金庫 秋川支店 ※敬称略
関連会社 内野ホールディングス 株式会社
www.uchinohd.co.jp

05-2Facility

本社工場・社屋設備の紹介

2011年竣工した本社社屋および工場は、「社員が快適に働ける環境」「最先端の省エネ環境」「優れたプロダクトにリンクするクリーンで洗練されたデザイン」を目指してさまざまな工夫を取り入れた設計になっています。特に、社員が快適に働ける環境に関しては最重要ポイントとして、さまざまな設備を取り入れ、作業効率も格段にアップしました。

明るい工場内

明るい工場内

トップに、北側に向けた窓を設置、温度上昇を伴わない太陽光による明るさを取り入れ、効率アップを実現。

効率的な換気を伴う空調

効率的な換気を伴う空調

自然空調と併用する方式で効率的に空調を行い、特に換気を重要視することで清廉な室内環境を作り出しています。また赤い空調用ダクトは、工場内のデザイン的なポイントとしてセンスの良い作業環境作りにも役立っています。

大型太陽電池パネルによる屋上発電

大型屋上太陽電池パネル

屋上に取り付けた最大75kwの太陽電池から、工場に必要な一部の電気を供給しています。自然空調と合わせてエコの面でも最先端の設計が施されています。

エントランス展示スペース

エントランス展示スペース

エントランスのスペースには内野製作所のギアを使用したモータースポーツ用エンジンや、レースカーなどが展示されています。

フィットネスジム

フィットネスジム

いつでも自由に使用できるフィットネスジムを完備。ゴールドジムとの提携により、常に最新の機器を揃えています。

バーベキューテラス

バーベキューテラス

夏の社員イベント“バーベキュー大会”では食堂外のウッドデッキスペースが大活躍。

自然光を大胆に取り入れた社屋

自然光を大胆に取り入れた社屋

非常に優れた自然環境を活かし、工場以外のスペースでも自然光を存分に取り入れた設計コンセプトになっています。

社員食堂(Ristorante Goshawk)
社員食堂(Ristorante Goshawk)

社員食堂(Ristorante Goshawk)

一面を全面窓にして、ウインドウテラス越しに外の景色を見ながらゆっくり食事ができる清潔な社員食堂。ベテランシェフの作る定食や、選べるサイドメニューがうれしい。

外科医用の蛇口と深いシンク

外科医用の蛇口と深いシンク

油で汚れた手で直接触らなくても操作できる外科手術用の蛇口と、周囲を汚さないための深めのシンクです。

社員用ロッカールーム

社員用ロッカールーム

大リーグの選手達が使用するロッカールームをイメージした、おしゃれなロッカールーム。

乾燥ルーム

乾燥ルーム

バイクや自転車通勤する社員達のために、雨天時に濡れた衣服を乾燥できる乾燥ルームを設置。帰宅時には乾いた衣服で帰れます。

05-3CSR

csr
ミッション(目標)
株式会社内野製作所は、強みであるハイテクノロジーをベースに、常に新しい価値の創造に努め、お客様の求める高品質・高精度の製品・サービス(トータルソリューション)提供を永続的に実施いたします。これにより、利益と成長を実現し地域社会との共存共栄を図ってまいります。
環境方針(方向性)
  • ライフ・サイクルによる環境負荷の低減
  • トップランナーの製品技術
  • 化学物質や廃棄物など環境リスクの予防
  • 技術ソリューションを通じて環境負荷低減と環境効率の向上
  • 全社員ごとの環境意識改善
環境重点5分野

本業における全員参加型の環境活動を展開します。

製品・サービスの環境価値向上

環境を配慮した生産工場の建立や、品質向上などを連動させた環境価値向上のための活動を継続してまいります。

地球温暖化対策

使用エネルギーの調査、設備の自主点検、省エネ活動の計画・実行を維持してまいります。

人材育成

Leader/Sub leader法規制教育、層別による品質・環境教育を行い、目的達成への問題解決向上を継続してまいります。

環境社会貢献

環境レポート、環境・行動指針への掲示・啓蒙、法規制への取り組み、お客さまとの連携等から環境社会貢献を継続してまいります。

リスクマネジメントの強化

化学物質規制への対応、CO2など環境負荷削減、エネルギー・資源の有効利用から、環境リスクマネジメント強化を継続してまいります。